夏に向けてのダイエット


夏に向けてのダイエット

夏に向けてのダイエット

やっと暑さも本格的になり夏がきたな!!と感じることができる季節になってきました。

今年の夏こそは水着を来て海にいきたい!

毎年、そう思っていながらもう6年はいっていないような気がします。

子供達が産まれてからはまさか水着なんて。 と思っていましたが、やはり夏になると海にいって泳ぎたくなりますよね。

5年の間に子供を3人産み、体型もガタガタ。

しかし、一番下の子が歩くようになり、少し手がかからなくなった今年はぜひ水着が来たい!と思いダイエットをはじめることに。

産後体重は戻ったものの、体型が変わり、下半身がどてっと。

下半身ってなかなか痩せにくいですよね。

私は飽き性でなかなか続けられないので、小さいことからはじめることに。

まずは、食生活。

子供達との食事は慌ただしく急いで食べることが多く、食べすぎてしまったり、

逆に食べれなかったりで後からお腹がすいて遅い時間にまた何かたべてしまったりと、不規則になりがちでした。

でもただでさえ旦那さんは帰りが遅くて、ご飯を一緒に食べれることがまずないので、

せめて私は一緒に食べたいというのがあるので、一緒に食べる範囲内でできることを考え、いつも大皿にだしみんなで食べていましたが、

これからはきちんと全部1人分ずつだすようにして、野菜を多く取るように分けてだすようにしました。

毎回何をどれだけ食べてるか把握せず食べていたので、自分の食べた量がしっかりわかるだけでもだいぶ変わりました。

あと夜の炭水化物は抜きに。

それも食べたい時は食べる。と無理はせずに。

後はとにかく歩く!!

子供達と公園に行けば嫌でもひたすら歩くことができます。

とにかく子供達と一緒に動きます。

後はすぐむくんでしまう体質なので夜には必ずマッサージを。

そして、なるべく足を高くして寝るようにしました。

それだけでも朝スッキリ起きられ、体が軽くかんじるので、朝から元気に動けるようになりました。

はじめて約1週間になりますが、なんと体重が2キロ減ったのです。

何1つ無理をしているわけではないので、なんだか嬉しくなりました。

問題の下半身痩せは気持ちしたかな。というかんじですが、何よりすごく体調が良くなったようなかんじがして、疲れにくくなったように思います。

痩せたいと思ってはじめたものの、なんだか健康的になったような気がして、健康的な体作りを目指そうかと思うようになってきました。

何より元気に走り回る子供達のおかげかもしれません。

今日のお散歩コースは

だいたいいつもお散歩にいくときは近くの公園にいきます。

遊具があまりなく、滑り台が2つと小さいアスレチックのようなものと馬さんとうさぎさんとバイクのパカパカして遊ぶ乗り物と砂場があるくらいなのですが、

いつもは近所のお友達と待ち合わせをしていったり、誰かしらはいるので、一緒に楽しく遊んだりしています。

ところが今日公園にいってみると、午前中だったということもあり誰もいませんでした。

みんな夏休みなので、帰省中だったりでいないようでした。

2人で滑り台などで遊びはじめ、アスレチックのところでアイスやさんごっこをはじめたものの、

やはりあまりつまらないようで、別の公園に行きたいと言い出しました。

もう1つの公園は歩いて15分くらいのところにあります。

その公園こそ遊具が少なく小さい公園なのですが、子供達の一番好きなブランコがあります。

ただ道があまりよくなく、ガタガタなのであまり行きません。

しかし、たまにはいいか!と思い歩いていくことに。

急な坂を下り、橋を渡って坂道を登っていきます。

行くのだけで疲れてしまうようなところですが、子供達はブランコができると元気元気。

15分くらいで次の公園に着くとこっちの公園にも誰もいませんでした。

しかし、子供達はブランコでワイワイ。

ブランコはすぐ取り合いになってしまうからちょうどよかったかぁ。なんて思って遊んでいると、また子供達が飽きた。と。

砂場道具を持ってきていたのですが、2人だと少しやって飽きてしまうようで。

しかし、もうお昼だったので帰ろうと思ったのですが、帰るにももう「お腹がすいた。」と子供達がいいだしたので、

コンビニでお昼を買って公園で食べることに。

少し歩かないとコンビニがないので、そこから10分くらい坂を下り、コンビニに行きご飯を買い、コンビニから5分くらいのまた違う公園にいくことに。

そこには机とイスがあり、のんびりお弁当を食べることができます。

お昼を食べ、少し休憩して、次はその公園で遊ぶことに。

そこには滑り台にブランコ、シーソーやジャングルジムなど変わった遊具があるので楽しいのですが、近所に家もなく、めったに人のいない公園なんです。

一通り遊び、子供達も疲れてきたところで帰ることに。

ここからだと家まで15分くらいなのですが、ものすごい上り坂であまり歩いてる人をみかけないようなところです。

子供達も頑張ってヘトヘトになりながら登りきり、家に帰ろうとしたら、一番最初に行った公園にお友達がワイワイしていました。

それを見た子供達は疲れも忘れ混ざってワイワイ遊びだしました。

結局夕方まで遊び帰宅。近くの公園に少し遊びに行く予定がとんだ公園巡りになりましたが、子供達がすごく喜んでくれたのでよしとしましょう。